品川内科クリニック|内科・消化器内科・糖尿病内科・小児科

品川内科クリニック

院長ブログ「しなくり日記」

健康のこと、日常のことなどを発信しています。

熱中症とは

2019/7/26
こんにちは。

梅雨が明けて日差しが強くなり、気温が上昇しています。

このような時は熱中症に注意してください。

気温の高い環境にいることで体温を調節する機能が狂ったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることで起こる、めまいや頭痛、けいれん、意識障害などの症状をまとめて「熱中症」といいます。

「環境」と「からだ」の要因が重なったときに熱中症が起こりやすくなると考えられています。

環境の要因としては、気温や湿度が高い
風が弱い
日差しが強いなどがあります。

からだの要因としては、激しい運動などにより体内でたくさん熱が産生された、暑さにからだが慣れていない、疲れや寝不足、病気などで体調がよくないなどがあります。

運動や作業をすると私たちのからだの中で熱が生まれます。

ただし、人間のからだには体温調節機能が備わっているため、体温が上がり過ぎたときには、自律神経の働きによって末梢の血管が拡張し、皮膚に多くの血液が流れ込むことで熱をからだの外に放出します。

同時に、体温が上がったら汗をかき、その汗が蒸発するときにからだの表面から熱を奪うことで、上がった体温を下げようと働きます。 

ところが、あまりに暑い環境に長くいると、体温調節機能が乱れて体外への熱の放出ができなくなり、体内に熱がこもって体温が上昇します。

また、急激に大量の汗をかくと、体内の水分と塩分が失われ、体液のバランスが崩れてしまいます。

それが筋肉や血流、神経などからだのさまざまな部分に影響をおよぼすと、けいれんやめまい、失神、頭痛、吐き気といった熱中症の症状があらわれるのです。

熱中症になりやすい人として、高齢者や乳幼児、運動習慣がない人、太っている人、体調がよくない人、暑さに慣れていない人などが挙げられます。

特に高齢者や乳幼児は、体温調節機能の衰えや未熟さによって体内に熱がこもりやすい(体温が上がりやすい)上、暑さを自覚しにくいこともあるため、リスクが高いといえます。

子どもは大人よりも身長が低く地面に近い分、アスファルトの照り返しなどによる熱の影響を受けやすくなることも要因のひとつです。 

体調がおかしいと思ったら早めに受診してください。
また、心臓病、糖尿病、高血圧、腎臓病、精神神経疾患、皮膚疾患などの持病も、体温調節機能の乱れの原因となることがあり、ハイリスク要因になります。

病気の治療のために薬を服用している場合も、薬の種類によって発汗の抑制や利尿作用があるものがあり、熱中症の原因になることがあります。 


category:

月9のドラマ radiation house

2019/6/10
こんにちは。 

感染性胃腸炎(嘔吐下痢症)は流行していますので、手洗い・うがいを励行してください。 

先週、久留米大学医学部の学生さんの講義に行ってきました。 

大学の研究棟の入り口や廊下に月9のドラマ radiation houseのポスターが貼ってありました。 

医師のドラマはたくさんありますが、ポスターが貼ってあるのを見たのは初めてです!

 放射線科というとどちらかといえば、日本ではなじみの薄い科ですが、アメリカではdoctor's docterといわれるくらい重んじられています。 

ドラマを通して放射線科のことを知っていただくようになると放射線科医としては嬉しい限りです。 

品川内科クリニック 

0942-85-8334 

http://www.shinagawa-c.com 

苦しくない胃カメラを行っています。 

糖尿病、高血圧、高コレステロール血症、気管支喘息、アレルギー、認知症、甲状腺、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、禁煙外来などの治療を行っています。 
category:

GIST(消化管間質腫瘍)

2019/3/29
桜が満開になりそうで、週末はお花見によさそうですね。 

萩原健一さんがGIST(消化管間質腫瘍)でお亡くなりになりました。 

GIST(Gastrointestinal Stromal Tumor)は、胃や腸の消化管壁の粘膜下にある未熟な間葉系細胞に由来する「肉腫」の一種とされ、いわゆる「がん」とは異なります。

 消化管粘膜下にできる腫瘍はGISTだけとは限らず、良性の平滑筋腫、神経鞘腫や悪性の平滑筋肉腫などもあります。 

GISTの発症率は年間に10万人に対して1人から2人くらいとされ、まれな腫瘍です。 

発症には男女差がなく、胃に最も多く見られ、小腸、その他の消化管に見られます。 

殆どの年齢層に見られますが、中高年に好発(60歳代でピーク)します。

 GIST特有の自覚できる症状は特にありません。 

腫瘍が大きくなってからでないと症状が出ないため、発見が遅れることがしばしばみられます。 

内視鏡検査、エコー、CT/MRIで発見され、別の病気の検査でたまたま見つかることが多いです。

 当院でも内視鏡検査で発見され、手術で治療された方が数名おられます。

 GISTあるいはGISTが強く疑われる腫瘍に対しては原則的に手術治療を行います。 

組織採取が難しい小さい腫瘍、無症状の場合は経過観察の方針となることもありますが、GISTと診断された場合は、現在の日本のガイドラインでは腫瘍の大きさなどに関わらず、手術による治療が勧められています。

 GISTが見つかった時点で主病巣以外の場所にも転移を起こしているような場合は、内科的治療(化学療法)の適応となります。 

ただし、進行したGISTに対する集学的治療は未だに確立した治療はありません。 

やはり、早期発見・早期治療が望まれます。 

桜が見頃ですね。できるだけ、長く咲いていて欲しいです。 

品川内科クリニック 

0942-85-8334

 http://www.shinagawa-c.com 

苦しくない胃カメラを行っています。 

糖尿病、高血圧、高コレステロール血症、気管支喘息、アレルギー、認知症、甲状腺、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、禁煙外来などの治療を行っています。 
category:

麻疹(はしか)の流行

2019/3/13
今年は花粉の飛散量が多いため、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみの症状がつよいようです。

症状がある方はお早めに受診されてください。

 麻しん(はしか)の2019年のこれまでの患者報告数は、2013年以降の同時期と比べて最も多くなっています。 

特に、大阪府や三重県の患者数が多くなっており、その周辺の地域にも影響が出始めています。 

今後、大阪府の麻しんの流行は、まだしばらく継続する可能性が高く、さらに周辺地域へと広がっていく可能性があります。 

全国的な流行に発展しないよう、これからも注意が必要です。 

今回の大阪で発生している麻しん患者の半数以上が、ワクチン未接種者かワクチン接種不明者です。

 麻しんの予防には、麻しん含有ワクチンの接種が最も重要であることに変わりはありません。 

麻しんは「はしか」とも呼ばれ、パラミクソウイルス科に属する麻しんウイルスの感染によって起こる急性熱性発疹性の感染症です。 

麻しんウイルスは人のみに感染するウイルスであり、感染発症した人から人へと感染していきます。 

感染力は極めて強く、麻しんに対して免疫がない人が麻しんウイルスに感染すると、90%以上が発病し、不顕性感染は殆どないことも特徴の1つです。 

症状として

 (1)カタル期:38℃前後の発熱、上気道炎症状等、経過中に頬粘膜にコプリック斑出現

 (2)発疹期:39℃以上の発熱、頭頚部より発疹が出現して全身に広がる
 

 (3)回復期
 カタル期が最も感染力が強い時期となっており、カタル期で麻しんであることに気づかずに行動することが、感染を広げる原因となります。 

合併症として肺炎、中耳炎、脳炎、心筋炎等があり、2000年に大阪で麻しんが流行した際には入院率は40%を超えました。

未だに有効な治療方法はありません。 

予防のため、麻疹の抗体価が少ない方はワクチン接種が推奨されています。 

品川内科クリニック 

0942-85-8334 

http://www.shinagawa-c.com 

苦しくない胃カメラを行っています。

 糖尿病、高血圧、高コレステロール血症、気管支喘息、アレルギー、認知症、甲状腺、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、禁煙外来などの治療を行っています。
category:

花粉症

2019/2/6
こんにちは 

 インフルエンザが流行していますが、暖かい日が続くと花粉の飛散量が増えてきて花粉症の症状はではじめます。 
花粉症の症状には主にくしゃみ・鼻みず・鼻づまりがあります。 

 その中でも見逃されがちなのが鼻づまりです。 

 花粉症患者さんの約9割の方に鼻づまりの症状があるといわれています。

 2019年春の花粉飛散予測は、東北から近畿、九州地方までの広い範囲で例年を上回る見込みです。 

 花粉が飛びはじめる前、もしくは症状が軽いうちに治療を始めることを初期療法 といいます。 

 初期療法をおこなうと、症状が出るのを遅らせたり、症状を軽くしたりできる可能性があります。 

 当院では花粉症の治療を行っています。(内服薬・点眼薬・点鼻薬)

症状が悪化する前に来院されてください。 

品川内科クリニック 

 0942-85-8334

 http://www.shinagawa-c.com

 苦しくない胃カメラを行っています。

 糖尿病、高血圧、高コレステロール血症、気管支喘息、アレルギー、認知症、甲状腺、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、禁煙外来などの治療を行っています。 
category:
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL: 0942-85-8334
img_logo