品川内科クリニック|内科・消化器内科・糖尿病内科・小児科

品川内科クリニック

睡眠時無呼吸症候群

こんにちは。 

朝晩は少しだけ涼しくなってきたようです。 

秋が待ち遠しいですね。 

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)を知っていますか?

 睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。

 医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。 

寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの患者さんがいる可能性があります。 

この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすことです。 

昼間に強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じてきます。 

無呼吸がつづくことで体に負荷がかかり生活習慣病(高血圧や心疾患など)になることや、記憶に新しい新幹線のオーバーラン事件に代表される、昼間の眠気による事故(交通事故、労災事故)に関係するため、ご本人だけでなく社会的にも問題と
なることがあります。 

有病率は人口の4%と言われており、日本には200万人いると言われています。 

しかし、なかなか気がつきにくい、いびきをかく程度で受診するなんて恥ずかしいと言う理由などで、まだまだ治療を受けている方が少ないのが現状です。 

家族にいびきを指摘されたり、上記のような症状がある方は簡易検査を受けてみてはいかがでしょうか? 

当院で簡易検査を始めましたので、お気軽にご相談ください。 


品川内科クリニック

 0942-85-8334

 http://www.shinagawa-c.com 

苦しくない胃カメラを行っています。 

糖尿病、高血圧、高コレステロール血症、気管支喘息、アレルギー、認知症、甲状腺の治療を行っています。 
category:
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL: 0942-85-8334
img_logo