品川内科クリニック|内科・消化器内科・小児科

bnr_header

二次性高血圧症

高血圧には、他の疾患や薬剤の副作用が原因で起こる二次性高血圧と、原因のはっきりしない本態性高血圧があります。
二次性高血圧症
高血圧の10~15%は、何らかの原因がある二次性高血圧といわれています。
これは、ホルモン分泌異常、腎臓疾患、薬剤の副作用などが原因で起こると考えられます。
二次性高血圧は、通常の降圧治療では効果がないこともありますが、原因を取り除けば血圧は下がります。

二次性高血圧の一つである原発性アルドステロン症は、アルドステロンというホルモンの過剰分泌が原因で起こります。アルドステロンとは副腎から分泌されるホルモンで、体内の塩分を増やす作用があります。これが過剰に分泌されると、塩分を摂り過ぎていなくても、血圧が上昇するのです。
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL:0942-85-8334
img_logo