品川内科クリニック|内科・消化器内科・糖尿病内科・小児科

品川内科クリニック

白血病

白血病とは?

品川内科クリニック記事
白血病とは血液の中の白血球が悪性腫瘍になった血液がんの一つです。白血病といっても急性から慢性まであり、どの白血病であるかによって病状や治療が全く異なります。

また、わが国では1年間に数千人もの方この病気にかかっていますが、ほかのがんに比べれば患者さんの数は少なく、専門的な病院で治療が行われています。白血病は未治療の場合にとる病状の経過から、急性白血病と慢性白血病に分けられ、白血病細胞の由来する血球細胞により骨髄性とリンパ性の各白血病に分けられます。
○急性白血病

その名の通り早い経過をとり、放置すれば必ず命を落としてしまう悪性の病気です。急性白血病の由来する血球細胞は、造血幹細胞からある程度成熟した、若い段階で成熟が止まり、機能をほとんどもたない細胞としてどんどん増え続けます。

そのため、多くの場合、赤血球、白血球、血小板の3系統のうち1~3系統の細胞数が減少します。その結果、貧血や感染症にかかりやすくなったり、出血が止まらなくなるという症状が起こります。

また、肝臓、脾臓、リンパ節等いろいろな臓器に白血病細胞が侵入し、これらが次第に大きくなることで(肥大と呼ばれる)、いろいろな障害を引き起こすことになります。抗がん剤を組み合わせた治療法やそれに造血幹細胞移植を加えた治療が必要です。

○慢性骨髄性白血病

慢性白血病の由来する血球細胞は造血幹細胞にかなり近い異常な細胞ですが、成熟する能力と細胞としての機能をもった細胞が、数のコントロールができず増えすぎてしまう病気です。

ゆっくり病気が進行する「慢性期」が続き、白血病自体による致命的な合併症が起こらなければほぼ全例で「移行期」という時期が訪れ、5~7年目で「急性転化」と呼ばれる時期になります。

急性転化になると、機能をもたない若い白血病細胞が無制限に増え続け、急性白血病のような状態になります。ただし、慢性骨髄性白血病が急性転化した際の白血病細胞は、抗がん剤等の効きが悪く、患者さんの余命は一般的に数ヶ月となります。

最近では、この白血病に特異的によく効く薬(分子標的薬:イマチニブ)や造血幹細胞移植療法が開発され治療成績は大きく向上しています。

○慢性リンパ性白血病

白血病化したリンパ球が異常増殖する疾患です。白血球増加(異常リンパ球の増加)が初発症状で、病気が進行すると貧血、血小板減少等が出現します。

病気の進行は急性白血病にくらべ、はるかに遅く、すぐ病状が悪化するわけではありません。病状の悪化は個人差があり、10年以上経っても、ほとんど病状の悪化のみられない患者さんも多く、このような患者さんでは治療は行いません。慢性リンパ性白血病は、欧米人に多く、日本人ではまれです。
品川内科クリニック|お気軽にご相談ください
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL: 0942-85-8334
img_logo