品川内科クリニック|内科・消化器内科・小児科

bnr_header

咳喘息(せきぜんそく)

症状

  • 風邪をひいたあとに咳だけがいつまでも残る。
  • 8週間以上慢性的な空咳が続いている(8週間以上続く咳を慢性咳嗽といいます)。
  • 気管支喘息のような喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)や呼吸困難を伴わない。
  • 気管支喘息にも使用する気管支拡張薬の吸入で症状が改善する。
咳喘息についての説明
咳喘息の咳は痰を伴わない空咳のことが多く、軽い咳から始まって次第に悪化する人もいれば、突然のひどい咳にみまわれる人もいます。
夜間や早朝に悪化しやすく、カゼなどの感染症、タバコの煙、気温・湿度変化、会話、運動が引き金になることもあります。
春や秋など特定の季節に症状がひどくなる場合もあり、アレルギーの関与もあります。

治療

咳喘息についての説明
気管支喘息と同じように気道の過敏な状態が続いているため、通常のカゼ薬は効きません。
普通の風邪と異なり気管支拡張薬が効果を示します。
この他,気管支喘息と同じく気道の炎症をおさえるために吸入ステロイド薬を使います。タバコ環境(自分あるいは同居の方など)にある人は禁煙が必要になります。
適切な治療を受けなかったり、治療が不十分だったりすると再発したり、気管支喘息に移行することや難治化することもあるので注意が必要です。
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL:0942-85-8334
img_logo