品川内科クリニック|内科・消化器内科・小児科

bnr_header

血尿、尿潜血

健診や病院での尿検査で、「おしっこに血が混じってます」とか「尿潜血陽性です」とかいわれることがあると思います。
血尿、尿潜血について
血尿とは、尿の中に血液(赤血球)が含まれている状態です。血尿には、大きく分けて、目で見て明らかに血尿とわかる肉眼的(にくがんてき)血尿と尿検査ではじめてわかる顕微鏡的(けんびきょうてき)血尿があります。

尿に血が混じる、いわゆる血尿は、尿を作る腎臓や尿の通り道の重要な病気のサインです。尿の製造工場である腎臓、尿を一時的にためる膀胱(ぼうこう)、尿の通り道である尿管や尿道などに潜んでいる病気からの出血の場合があります。

血尿が発見される頻度は年齢とともに増え、男性に比較して女性に多く見られます。おしっこが赤いなど、尿に血が混じることを目でみて判断できる肉眼的血尿はさらに重要な病気のサインです。

血尿の原因としては、悪性腫瘍や結石、膀胱炎などの炎症、腎臓の内科的な病気など様々なものがあります。

顕微鏡的血尿を起こす主な病気は、腎臓で血液から尿をろ過する糸球体という器官になんからの原因があることがあります。この場合、尿に蛋白が混じっているかが重要なサインになります。
その中でも、悪性腫瘍は生命を脅かす危険があるため、早期発見が必要です。

膀胱癌、腎癌、前立腺癌、尿管癌、腎盂癌などがありますが、膀胱癌は顕微鏡的血尿で診断される悪性腫瘍の中で最も多いがんです。尿路結石症では、ほとんどの症例で顕微鏡的血尿をともなっています。

膀胱炎でも、膿尿と血尿を伴う場合があります。まれではありますが、腎臓の血管の奇形でも血尿をきたすことがあります。

これらの病気をはやく発見するためには、健診や人間ドックなどによる尿検査が重要です。血尿が見つかった場合には、症状がないからとほっておかず、はやめの受診をおすすめします。
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL:0942-85-8334
img_logo