品川内科クリニック|内科・消化器内科・糖尿病内科・小児科

品川内科クリニック

頻尿(ひんにょう)

頻尿(ひんにょう)について

目安として24時間で8回以上の排尿があることを頻尿といいます。また、就寝後に3回以上排尿することを夜間頻尿といいます。通常、ある程度膀胱に尿が溜まったとき、尿意があります。頻尿は、水分のとりすぎや緊張などの他、疾患が原因になっていることも少なくありません。
品川内科クリニック記事
1.緊張や気分
疾患がなく、膀胱の機能に異常がなくても、緊張したり、不安をかかえていたりすると、膀胱に尿が少ししか溜まっていなくてもトイレに行きたくなります。また、トイレに行けない状況に限ってトイレに行きたくなることもあります。

2.利尿作用のある食物の摂取

コーヒーやお茶、ビールなど利尿作用のある飲料を多量に飲んだときにも頻尿を引き起こします。利尿作用はなくとも、水や牛乳などをたくさん飲んでいると、尿の量が増え、頻尿になります。また、脳梗塞や高尿酸血症などの疾患を患っていて、水分補給を指導されている人も頻尿になります。
SW182
3.加齢に伴う機能低下による頻尿
年齢が上がるにつれて、夜間に尿意を感じることが多くなります。それは2つの原因からで、一つは夜間に尿を濃縮するホルモンの分泌が減ることで、尿の濃縮ができなくなり、尿の量が増えるためです。もう一つは、膀胱の弾力性が徐々に失われ、夜間に尿を溜められる量が少なくなるからです。

4.頻尿の原因になる疾患
膀胱や尿の通り道が細菌に感染し、炎症を起こす膀胱炎、尿道炎、尿管炎、腎盂腎炎などが頻尿を引き起こします。また、膀胱の筋肉が過剰に活動する過活動膀胱でも頻尿が起こります。

さらに、尿道を圧迫する前立腺肥大や子宮筋腫、子宮脱なども頻尿の原因になる他、糖尿病や脳卒中、椎間板ヘルニアなどで排尿をコントロールする神経に障害が起こったときも、頻尿を引き起こします。

頻尿を伴う疾患について

品川内科クリニック
1.神経性頻尿
膀胱に炎症などの異常がないのに、頻尿になることがあります。精神的なストレスや緊張、不安が主な原因になると考えられています。神経性頻尿では、頻繁に尿意を感じるのにトイレにいってもほとんど、ときにはまったく尿が出ないことがあります。

2.膀胱炎
膀胱内に細菌が侵入して炎症を起こすのが膀胱炎です。長時間のトイレの我慢や、過労による抵抗力の低下、冷えによる水分代謝の低下などが原因で起こります。膀胱炎になると尿意が近くなり、残尿感、排尿時の痛み、尿の濁りや血尿などの症状があらわれます。

圧倒的に女性に多く、再発しやすく慢性化すると尿が溜まるだけで痛みが生じます。尿管炎、腎盂腎炎、尿道炎など尿の通り道に炎症が起こることでも、膀胱炎と同様に頻尿が起こります。

3.過活動性膀胱

過活動膀胱は膀胱が必要以上に過敏に活動することで、頻尿が起こる疾患です。主な症状は突然尿意に襲われ頻尿になり、ときには我慢できずに尿を漏らしてしまうことがあります。

また、就寝中に3回以上トイレに行く夜間頻尿もみられます。さらに進行するとトイレが頻繁すぎて、仕事も外出もできなくなり、生活に支障をもたらすこともあります。とくに40歳以上に多くみられます。脳卒中や脳腫瘍などが原因となることもあります。

4.前立腺肥大
男性が60歳を超えるころから増える疾患で、大きくなった前立腺が尿道を圧迫することで尿のトラブルが起こります。尿の勢いが弱くなり、尿が出るまでに時間がかかるために排尿後も残尿感があり、夜間の排尿回数も多くなります。

さらに、進行すると尿がまったく出なくなるケースもみられます。前立腺がんの症状とよく似ているので、注意が必要です。
品川内科クリニック|お気軽にご相談ください
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL: 0942-85-8334
img_logo