品川内科クリニック|内科・消化器内科・小児科

bnr_header

うつ病

うつ病ってどんな病気?

強いうつ状態が長く続き、日常生活に支障を来してしまうような病気です。
品川内科クリニック記事
日常生活の中で、嫌なことやがっかりすることがあれば、気持ちが沈んで元気も出なくなる、ということは誰もが経験することです。しかし多くの場合、たとえ気分が落ち込んだとしても、何か楽しいことがあればその時だけでも気が紛れたり、時間が経ってがっかりさせられた原因が解消されたりすると、自然に気が晴れてくるものです。

こういった誰もが経験する、“一時的で、日常生活に支障を来さない気分の落ち込み”は、『うつ病』とはいいません。うつ病での『うつ状態』というのは、“物事に対する関心や取り組む意欲が失せて何もする気が起こらない状態が一日中ずっと、ほとんど毎日、2週間以上にわたって続いた状態”をさします。

また、「眠れない」「食べられない」などさまざまなつらい症状も伴うため、日常生活に大きな支障を来したりするようになります。

厚生労働省の調査(平成14年度)によれば、わが国では20歳以上の人の約7.5%( およそ13人に1人)が、その調査の時点までに、一度はうつ病を経験したことがある、と報告されています。世界でも人口の3~5%の人がうつ病だといわれており、この数字をあてはめると日本でも600万人以上の人がうつ病にかかっていると考えられます。
うつ病
しかし、実際に治療を受けている人は、そのうちの25%程度とされることから、うつ病患者さんの4人に3人は適切な治療を受けていないというのが実情のようです。うつ病は早期に発見して適切に治療すれば、十分に治りうる病気です。

このため、患者さん本人や周囲の人が早く気づいて、専門家による適切な治療を受けることが大切です。
主な症状

気持ち・行動の変化(精神症状)
・気が沈む。気が重い。
・今まで好きだったことが楽しめない。
・テレビを見ても、音楽を聴いても楽しくない。
・特に朝方は無気力で、何もする気が起こらない。
・仕事の能率が上がらず、何をするのもおっくう。
・人との会話・議論に集中できない。
・イライラしてじっとしていられない。
・お酒の量が増える。
・ 自分の人生がつまらなく感じる。
・このまま消えていなくなりたいと感じる。

からだの変化(身体症状)

・夜ぐっすり眠れず、朝早く目が覚める。
・食事が進まず、美味しいと感じられない。
・疲れやすく、身体がだるい。
・頭が重い感じがする。頭が痛い。
・息がつまって、胸苦しい。
・ノドの奥に物がつかえている感じがする。
・性的な関心がうすれ、性欲が低下する。

うつ病患者さんの多くは、眠れない・眠りが浅い・朝早く目が覚める、といった不眠の症状を訴えます。
※若い人のうつ病の場合には、逆に極端に眠ってしまう【過眠】という症状が現れることもあります。

うつ病患者さんにおいて、不眠は必ずといっていいほどみられる症状です。また不眠が続くと、うつ病が悪化してしまうこともわかっています。

このため、うつ病の治療において、眠れない・眠りが浅い・朝早く目が覚めるといった不眠の症状がある場合は、なるべく早い段階で適切に対処することが、悪化を防ぐために有効と考えられています。

眠れないという症状が続くと、うつ病になってしまう可能性があることが明らかになってきました。このため最近では、眠れない・眠りが浅いといった不眠の症状がある場合は、なるべく早い段階で適切に対処することが、うつ病の発症予防に効果的であるといわれています。

うつ病での睡眠障害のパターンとしては、夜ゆっくりと眠れなかったり、朝目覚めても気分がスッキリしなかったりする【熟眠障害】、あるいはもっと長く寝ていたいのに、なぜか午前3時や4時に目が覚めてしまって、それからは眠れずに悶々とする【早期覚醒】といった状態になることが多いようです。

そのような時に、睡眠薬はある程度は有効なのですが、うつ病に伴う睡眠障害の場合には、睡眠薬だけでは十分改善せず、抗うつ薬での治療が必要になってきます。眠ることは食べることと同様に、人が生きていく上でとても大切な要素です。

また、睡眠障害とうつ病はとても密接に関係しています。このため、眠れない・眠りが浅い・朝早く目が覚めるという症状でお困りの方は、早めにご相談ください。

もともとの性格や考え方の傾向、環境(ストレスなど)に加え、体質・脳内にある物質の変化も関係しているといわれています。うつ病がなぜ起こるのかという、その原因や発症メカニズムについては、まだはっきりしたことはわかっていません。
しかし、これまでの研究から脳の中で感情をコントロールしている物質(神経伝達物質)のバランスが崩れてしまうことが原因のひとつだと考えられています。

私たちの脳は、無数の神経細胞で構成されています。これらの神経細胞は、『神経伝達物質』という物質を介してさまざまな情報を伝え合い、複雑な働きを担っています。ところが、ストレスを抱えていたり、心身ともに疲れている状態が続いたりすると、この神経伝達物質の量や働きも十分ではなくなってきます。

なかでも、意欲や気分を調整する「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質が十分に機能しなくなると、感情をうまくコントロールできなくなって、うつ状態に陥ってしまうといわれています。

つまり、うつ病とは“精神的・肉体的疲労が続いていくうちに脳の中の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質の働きに異常を来してしまい、そのためにさまざまな症状が出現する病気”なのです。

また、うつ病の発症には、もともとの性格や考え方の傾向、あるいは環境(ストレスの状態)なども深く関わっているといわれています。
品川内科クリニック|お気軽にご相談ください
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL: 0942-85-8334
img_logo