品川内科クリニック|内科・消化器内科・小児科

bnr_header

乳癌(にゅうがん)

乳がんについて

乳癌の多くは乳管から発生し、「乳管癌」と呼ばれます。小葉から発生する乳癌は、「小葉癌」と呼ばれます。乳管がん、小葉癌は、乳癌組織を顕微鏡で検査(病理検査)すると区別できます。この他に特殊な型の乳癌がありますが、あまり多くはありません。
品川内科クリニック記事
乳癌は、しこりとして見つかる前に、乳房の周りのリンパ節や、遠くの臓器(骨、肺、胸膜、肝臓、脳など)に転移して見つかることがあります。
乳癌の種類や性質によって、広がりやすさ、転移しやすさは、大きく異なります。

乳癌が見つかるきっかけとしては、マンモグラフィなどによる乳癌検診を受けて疑いを指摘される場合や、あるいは自分で症状に気付く場合などが多いようです。

自分で気付く症状としては、以下のようなものがあります。

乳癌(にゅうがん)

1)乳房のしこり

乳癌が進行すると腫瘍が大きくなり、注意深く触るとしこりがわかるようになります。ただし、しこりがあるからといって、すべてが乳癌というわけではありません。

例えば、乳腺症、線維腺腫、葉状腫瘍などでもしこりの症状があらわれます。葉状腫瘍はまれな腫瘍ですが、線維腺腫に似た良性のものから、再発や転移を起こしやすい悪性のものまでさまざまです。これらは乳癌とは異なりますが、しこりが気になる場合は専門医に診てもらいましょう。

2)乳房のエクボなど皮膚の変化

乳癌が乳房の皮膚の近くに達すると、エクボのようなひきつれができたり、乳頭や乳輪部分に湿疹(しっしん)やただれができたり、時にはオレンジの皮のように皮膚がむくんだように赤くなったりします。

乳頭の先から血の混じった分泌液が出ることもあります。乳房のしこりがはっきりせず、乳房の皮膚が赤く、痛みや熱をもつ乳癌を「炎症性乳癌」と呼びます。炎症性乳癌のこのような特徴は、がん細胞が皮膚に近いリンパ管の中で増殖してリンパ管に炎症を引き起こしているためです。

痛み、むくみや腫れといった症状は乳癌以外の病気、例えば良性腫瘍の1つである線維腺腫(せんいせんしゅ)、乳腺症、細菌感染が原因の乳腺炎や蜂窩織炎(ほうかしきえん)などでも起こることがあるので、詳しい検査をして乳癌であるかどうか調べる必要があります。

3)乳房周辺のリンパ節の腫れ

乳癌は乳房の近くにあるリンパ節である、わきの下のリンパ節(腋窩リンパ節)や胸の前方中央を縦に構成する胸骨のそばのリンパ節(内胸リンパ節)や鎖骨上のリンパ節に転移しやすく、これらのリンパ節を乳癌の「領域リンパ節」と呼びます。腋窩リンパ節が大きくなると、わきの下などにしこりができたり、リンパ液の流れがせき止められてしまうため、腕がむくんできたり、腕に向かう神経を圧迫して腕がしびれたりすることがあります。

品川内科クリニック
わが国の2013年の乳癌死亡数は女性約13,000人で、女性では癌死亡全体の約9%を占めます。女性の癌罹患全体の約20%を占めます。
乳がん
女性の乳癌は、30歳代から増加をはじめ、40歳代後半から50歳代前半でピークを迎え、その後は次第に減少します。男性乳癌の罹患率は女性乳がんの1%程度で、女性に比べ5~10歳程度高い年齢層に発症します。

初潮が早いことや閉経が遅いことは体がエストロゲンに暴露される期間が長いことを意味します。妊娠や出産経験のある女性に比べて、ない女性は乳癌の発症リスクが高く、さらに初産年齢が遅いほどリスクが高いことがわかっています。

これは、妊娠・出産を契機に、乳腺の細胞が悪性化しにくい細胞に分化するためと考えられています。また授乳歴がない女性に比べて、ある女性やその期間が長い女性の乳癌の発症リスクは低く、これはエストロゲンへの暴露期間に関係していると考えられています。さらに、脂肪細胞でもエストロゲンがつくられるため、成人してからの肥満もリスク要因とされています。

特に、閉経後の肥満はリスク要因であることがわかっています。その他には出生時の体重も乳癌の発生に影響すると考えられています。生活習慣では、飲酒習慣や喫煙により、リスクが高くなることはほぼ確実とされています。一方、閉経後の女性では、運動によって、乳癌のリスクが減少することが、ほぼ確実であるとされています。

乳癌の治療は、手術(外科治療)、放射線治療、薬物療法(内分泌[ホルモン]療法、化学療法、分子標的治療など]があります。それぞれの治療を単独で行う場合と、複数の治療を組み合わせる場合があります。
品川内科クリニック|お気軽にご相談ください
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL: 0942-85-8334
img_logo