品川内科クリニック|内科・消化器内科・糖尿病内科・小児科

品川内科クリニック

熱性けいれん

熱性けいれんとは?

子どものけいれんで最も多いのは「熱性けいれん」です。熱性けいれんは、字のごとく「熱があり、けいれんを起こす病気」です。
品川内科クリニック記事
生後5、6か月から5、6歳までの子どもに使われる病名で、尚且つ熱の原因が髄膜炎、脳炎など中枢性疾患や代謝性疾患ではないときです。熱のほとんどの原因は、風邪などの感染症です。子どもの5、6%にみられるごくありふれたものです。

両親や兄弟に、子どものころ同じ熱性けいれんを起こした既往があることが多く、遺伝的な病気だと言われています。一度、熱性けいれんをすると30%から50%の子どもが繰り返すようで、38度以上の熱を出してから24時間以内に起こることが多くあるようです。

2、3日熱が続いてから、けいれんを起こすときは、熱性けいれんよりも髄膜炎や脳炎の場合が多く要注意です。ですから突然けいれんを起こして、初めて熱があることに気づくことも多いのです。熱性けいれんで脳に影響することは非常に稀です。
品川内科クリニック|お気軽にご相談ください
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL: 0942-85-8334
img_logo