品川内科クリニック|内科・消化器内科・小児科

bnr_header

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍とは

十二指腸の粘膜に潰瘍ができる病気です。胃に近い部分に多く見られます。十二指腸潰瘍は胃潰瘍とは異なる点が多く、十二指腸の壁は胃壁に比べて筋層が薄いので深く進行し、出血・穿孔起こしやすい傾向があります。

患者さんのヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染率が非常に高く、97%以上の感染率ともいわれています。20~40歳に多く発症し、ストレスの多い今の時代、増加傾向にあります。
十二指腸潰瘍とは

症状

腹痛がもっとも多く、特に夜間、早朝などの空腹時におこり、食物を食べると症状が緩和します。
潰瘍部分が出血し、時には吐血、下血がおこります。

原因

粘膜による防御の働きと胃酸による攻撃とのバランスが崩れることで発症します。ストレスが関係することがあります。

治療

薬剤療法として基本的に胃酸分泌を抑制する薬剤により治療します。6週間の治療80%以上が治ります。十二指腸潰瘍もピロリ菌の感染と関係があるので、胃酸分泌を抑制する薬と2種類の抗生物質を使用した「ピロリ菌の除菌療法」を行うことができます。
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL:0942-85-8334
img_logo