品川内科クリニック|内科・消化器内科・糖尿病内科・小児科

品川内科クリニック

脂肪性肝障害、脂肪肝

脂肪肝は肝臓に脂肪がたまりフォアグラ状態です。
今では、日本人の4人に1人が脂肪肝といわれています。
脂肪性肝障害、脂肪肝脂肪性肝障害、脂肪肝

さまざまな生活習慣病のリスクを高める

以前は放っておいてよいと考えられてきましたが、脂肪肝が肝硬変や肝臓がんへと進行する可能性があり、さまざまな生活習慣病のリスクも高めることがわかってきました。脂肪肝とは、中性脂肪が肝臓に蓄積する病気です。食事で摂った脂質は、小腸で吸収され肝臓で脂肪酸に分解され、糖質はブドウ糖に分解されて、小腸から吸収された後、肝臓で中性脂肪に変化します。

摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが取れていればよいのですが、脂質や糖質を摂り過ぎていてさらに運動不足の場合には、使いきれなかった脂肪酸やブドウ糖が中性脂肪として肝臓に蓄えられます。

お酒の飲み過ぎでも肝臓に中性脂肪がたまります。これは、アルコールが分解する時、中性脂肪が合成されやすくなるからです。肥満になると、肝臓での脂肪酸の燃焼が悪くなるので、やはり肝臓に中性脂肪がたまります。さらに、極端な食事制限など無理なダイエットをした人も「低栄養性脂肪肝」と呼ばれる脂肪肝になることがあります。

日本人の脂肪肝の原因で多いのは、飲み過ぎではなく、食べ過ぎによるもの

お酒の飲み過ぎが肝臓に悪いことは一般的に知られています。しかし、実は日本人の脂肪肝の原因で多いのは、飲み過ぎではなく、食べ過ぎによるものです。これを非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と呼びます。
脂肪性肝障害、脂肪肝
NAFLDには、症状が軽く改善しやすい単純性脂肪肝(NAFL)と重症タイプの非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の2種類があります。
NASHは放置すると肝硬変、肝細胞がんへと進行することが知られています。また、NAFLもNASHに進行することがあります。脂肪肝の人が全員、重症化するわけではありませんが、早期に発見して、原因となる生活習慣や肥満を改善し、経過観察をすることが重要です。

脂肪肝の治療のための食生活改善というと、まず脂っこいものを減らすと考えがちですが、それ以上に気を付けたいのは糖質です。日常的に糖質を摂り過ぎていると、脂肪肝になりやすいことがわかっています。特に果物の果糖は吸収がよく、肝臓で中性脂肪になりやすいため、注意が必要です。

角砂糖1個が糖質5gとするとメロンパンは糖質が58g、角砂糖11個分、バナナは糖質22gで角砂糖4個です。いろいろな食物に糖質がたくさん含まれています。
品川内科クリニック|お気軽にご相談ください
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL: 0942-85-8334
img_logo