品川内科クリニック|内科・消化器内科・小児科

bnr_header

便秘

便秘とは

3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態とされています。
便秘とは
女性に多く、排便が困難になるほか、腹痛、腹部膨満感、食欲不振などの症状もあらわれます。肌荒れや肩こりなど、全身に影響が出ることもあります。胃や小腸で消化された食物は、水分の多いどろどろの液状となって大腸に入り、ゆっくりと水分が吸収されて固形化(便塊化)し、肛門へと送られます。

もし便塊が何日も大腸内にあると、水分吸収はさらに進み、便塊は硬く小さくなります。
腸の動きは、自律神経に支配されています。便を体外に送り出すためのぜん動運動は、胃に食物が入ると指令が出て始まります。

そして、便が直腸に達すると大脳に指令が送られ、便意をもよおします。ストレスにさらされると、自律神経がうまくはたらかないため正常な腸のぜん動運動が起こらず、便が滞って便秘につながることがあります。

便秘の種類

弛緩性便秘

弛緩性便秘
大腸の運動が低下

腸管の緊張がゆるんでしまい、ぜん動運動が十分行われないため、大腸内に便が長くとどまり、水分が過剰に吸収されて硬くなるタイプあります。便秘の中でも頻度が高く、女性や高齢者に多く、おなかが張る、残便感、食欲低下、肩こり、肌荒れ、イライラなどの症状も起こります。運動不足、水分不足、食物繊維不足、腹筋力の低下、極端なダイエットなどが誘因になることがあります。

けいれん性便秘

けいれん性便秘
大腸の過緊張

副交感神経の過度の興奮によって腸管が緊張しすぎてしまい、便がうまく運ばれずに、ウサギのフンのようなコロコロとした便になるタイプです。食後に下腹部痛、残便感などの症状があることもあります。

また便秘と下痢を交互にくり返すことも多いです。精神的ストレス、環境の変化、過敏性腸症候群などが誘因になることがあります。

直腸性便秘

直腸に便が停滞

便が直腸に達しても排便反射が起こらず、直腸に便が停滞してうまく排便できなくなるタイプです。高齢者や寝たきりの人のほか、痔や恥ずかしさなどにより排便を我慢する習慣がある人に多いです。

器質的狭窄型便秘

イレウス、大腸がん、腸管癒着などの器質的な原因があって、消化管(小腸・大腸)に通過障害が起こるタイプです。このような便秘では腸管穿孔を起こすおそれがあるので下剤を使用してはいけません。

日本人女性の半数以上に便秘の症状がみられるといわれます。

男性に比べ、女性が便秘になりやすいといわれています。その理由として

・身体的理由
男性に比べると、女性は腹筋が弱いため、大腸が便を送り出す力が弱い

・ホルモンの作用
女性ホルモンのひとつ「黄体ホルモン」がからだに水分や塩分をためこむように指示を出し、大腸の腸壁から便の水分が吸収されて便が硬くなります。

また、「黄体ホルモン」は妊娠したときに、流産しないように子宮筋の収縮を抑制するはたらきもあり、それが腸にも影響してぜん動運動を低下させます。特に「黄体ホルモン」が多く分泌される月経の前や妊娠初期には便秘になりやすい、、などが挙げられます。

便秘で気をつけること

便秘は1週間に1~2度のお通じがあり、症状が軽度であればセルフケアによる改善が可能です。運動する・食物繊維の多い食べ物を積極的に摂る・善玉菌で腸内環境を整えるなどセルフケアを行い、必要に応じて緩下剤や整腸剤など便秘治療薬を活用することも大切です。便秘治療薬は選び方などに注意が必要です。
便秘で気を付けること
便秘治療に使われる下剤は、作用メカニズムによって主に4種類に分けられます。

・塩類下剤
腸管内に水分をよびこむことで腸のぜん動運動を促進します。
・膨潤性下剤
薬剤自体が腸管内の水分を吸収して膨張し、大腸に刺激を与えてぜん動運動を促進します。
・浸潤性下剤
便を軟便化させ、排便を促します。
・刺激性下剤
腸管神経叢に直接作用、ぜん動運動を亢進。けいれん性便秘には使いません。
同じ下剤を長期間連用すると、精神的な依存や腸の筋力低下などから、習慣性になったり、効きにくくなったりすることもあります。作用の異なる下剤に変えたり、徐々に減量することが必要です。

便秘の予防

便秘の予防は、食物繊維や水分を十分にとるなど、食生活の改善が基本になります。加えて、適度な運動や排便の習慣づけ、ストレスの発散も心がけることが大切です。
便秘の予防
便秘になりやすい人は、まず食生活を見直すことが大切です。そのポイントとしては、

・食事のリズムを整える
朝昼晩3食をしっかりとり、特に朝食を抜かないことが大切です。

・食物繊維や水分を十分にとる
食物繊維は腸のぜん動運動を高め、便を排出しやすくします。穀物、いも類や豆類、ひじき、寒天、果物など、食物繊維を多く含む食品を十分にとるようにするとよいです。水分が不足すると便が硬くなって移動しづらくなります。水分を含んだ便は、便の容積が増して腸に刺激を与え、便意を起こしてくれるので、水分を十分にとりましょう。特に朝、一杯の冷たい水か牛乳を飲むことを習慣づけるとよいでしょう。

・極端なダイエットは避け、バランスのとれた食生活を
極端に食事量を減らすと食物繊維や水分も不足してしまいます。太るからと避けがちな脂肪分も減らしすぎると、便の滑りが悪くなってしまいます。排泄のリズムが崩れると、美容と健康に悪い影響を及ぼします。バランスのとれた食生活を心がけましょう。

・腸内環境を整える食品を積極的にとる

乳酸菌を含むヨーグルトや納豆などの発酵食品、オリゴ糖などは腸内環境を整え、便秘を改善してくれます。日常の食事に進んで取り入れるようにしましょう。
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL:0942-85-8334
img_logo