品川内科クリニック|内科・消化器内科・小児科

bnr_header

カフェインの怖さ

こんにちは。 

梅雨に入りましたね。 

朝夕と昼間の気温の差がありますので、体調管理に気をつけてください。 

カフェインを多く含んだ眠気防止の薬や清涼飲料による中毒で、2011年度からの5年間に少なくとも101人が病院に運ばれ、うち3人は死亡したことが、日本中毒学会の実態調査でわかりました。 

ほかにも重大事故が起きており、若者を中心に「乱用」されている可能性があります。 

カフェインは興奮作用があり、短時間に大量摂取すると吐き気、心拍数の増加、興奮などの中毒症状が現れます。

 個人差が大きいですが、成人では1グラム以上で症状が出る可能性が指摘されています。 

文部科学省の日本食品標準成分表によると、
 コーヒーには100ミリリットル当たり0・06グラム、 
煎茶には同0・02グラム。 
広く使われている市販の眠気防止薬には1錠0・1グラムほど含まれ、かぜ薬や若者を中心に人気の炭酸飲料「エナジードリンク」にも使われています。
 

深夜勤務に就いていた九州の20代男性が、エナジードリンクとカフェイン製剤を一緒に飲み過ぎて死亡する事故が15年に報告されました。 
その後も、急性中毒で病院に運ばれるケースが相次ぎ、学会が初めて実態調査しました。 
調査に協力した全国の38救急医療施設に搬送され、カフェイン中毒と分かったケースを集計しました。 
患者は11年度10人、12年度5人でしたが、13年度は24人に急増しています。15年度は37人でした。
 計101人中97人は眠気防止薬を使っており、7人が心停止、うち3人が死亡。心停止した人はいずれもカフェインを6グラム以上取っていました。 
エナジードリンクだけの中毒は4人だでした。

患者の年齢の中央値は25歳で、18歳以下が16人いました。 

安易なカフェインの摂取は控えるようにしましょう。 

乾燥肌の方に人気のヒルドイドシリーズにムースタイプが加わりました。
当院でも処方していますので、お気軽に相談ください。 

佐賀県肝炎検査・鳥栖市骨粗鬆検査を行っています。
お気軽にお問い合わせください。 

品川内科クリニック 

0942-85-8334 

http://www.shinagawa-c.com 

苦しくない胃カメラを行っています。 

糖尿病、高血圧、高コレステロール血症、気管支喘息、アレルギー、認知症の治療を行っています。 

鳥栖市、基山町、小郡市、筑紫野市のかかりつけ医。
category:
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL:0942-85-8334
img_logo