品川内科クリニック|内科・消化器内科・糖尿病内科・小児科

品川内科クリニック

関節リウマチ

関節リウマチについて

関節リウマチは、関節に起こる炎症がもたらすつらい痛みや腫れ、関節の変形を特徴とする病気です。
品川内科クリニック記事
また、微熱やだるさ、食欲不振などの全身の症状に悩まされることもあります。炎症の慢性化により、関節の骨や軟骨が破壊され、関節が変形してしまうと、日常生活に支障をきたすことになります。

残念ながら現在のところ、関節リウマチを完治させる治療法はありませんが、さまざまな薬が開発され、治療法は進化しつづけています。
現在、日本全国で関節リウマチに悩む患者さんは70万人とも100万人ともいわれ、その数は高齢化にともない年々増加する傾向にあります。男女の割合は1対4と圧倒的に女性に多く、発症年齢は30~50歳代、とくに40歳代がもっとも多いことがわかっています。
関節リウマチ
ウィルスや細菌など“抗原”といわれる異物が体外から侵入してくると、体内で“抗体”という武器をつくり、異物を攻撃し排除するしくみを免疫といいます。関節リウマチは、いまのところはっきりした原因はわかっていませんが、免疫の異常が関わっていることは確かなようです。

なんらかの原因で免疫の機能に異常が起こると、からだのなかの大切な成分を異物とみなして抗体をつくってしまい、自分自身を攻撃することがあります。 これを自己免疫疾患といい、関節リウマチは、この疾患のひとつとされています。

症状について

関節リウマチの典型的な症状は、いくつかの関節が左右対称に腫れて痛むことです。関節リウマチは、関節が破壊され、変形して動かなくなってしまう病気です。

最近の研究では、関節破壊は、発症後の早期から進行することが明らかになりました。早期に発見して適切な治療を行えば、症状をコントロールして関節破壊が進行するのを防ぐことができます。
品川内科クリニック|お気軽にご相談ください
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL: 0942-85-8334
img_logo