品川内科クリニック|内科・消化器内科・糖尿病内科・小児科

品川内科クリニック

禁煙外来

■禁煙外来について

品川内科クリニック記事
タバコが健康に良くないことは、多くの人が知っていまます。

タバコの煙には、200種類以上の有害物質が含まれており、依存性の強いニコチンやタール、一酸化炭素がよく知られています。他にも、50種類以上の発がん性物質が含まれており、肺がんなどのがんを引き起こすほか、受動喫煙のリスクも高まります。

タバコは、肺がんなどのいろいろながん、脳卒中や心筋梗塞などの重大な病気の原因になります。
そのほかにも、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、糖尿病、消化性潰瘍などになりやすく、妊娠や出産などにも悪影響を及ぼします。
さまざまながんの中でも、肺がんは、いまや日本人のがんの部位別死亡率の第1位です。
肺がん
その肺がんは、喫煙によって発症リスクが約4~5倍も高まります。しかも、肺がん患者のうち、男性の約70%、女性の約20%が、タバコが原因であることがわかっています。タバコに含まれる有害物質や発がん物質は、あなたの健康を奪うだけでなく、家族や友人、職場の同僚など、あなたの大切な人の健康も奪います。

タバコの煙には、タバコを吸う人が直接吸い込む「主流煙」と、火のついた先から立ち上る「副流煙」に分かれます。この副流煙には、主流煙に比べてニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、一酸化炭素が4.7倍も含まれています。この副流煙を、自分の意思とは関係なく吸い込んでしまうことを「受動喫煙」といいます。

受動喫煙にさらされると、がんや脳卒中、心筋梗塞、呼吸器疾患などのさまざまな病気のリスクが高くなり、さらには妊婦や赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことがわかっています。

受動喫煙が影響で、毎年、世界で60万人が亡くなっています。このため、受動喫煙は近年、社会全体で取り組むべき問題です。また、日本では、受動喫煙が原因となって発症する肺がんと心筋梗塞だけをみても、年間約6,800人が死亡しています。

タバコを吸っている人は、肺がんのリスクが約4~5倍高まりますが、タバコを吸わない同居者も肺がんのリスクが高まります。タバコを吸わない妻が、喫煙する夫を持つ場合、吸わない夫を持つ妻に比べて肺がんになるリスクが約2倍高まります。

タバコを吸わない女性が受動喫煙にさらされる場所としては、職場もありますが、より危険が高いのは、家庭内での夫の喫煙であることがわかっています。タバコを吸わない人が、せきやたん、息切れなどが続くようになったり、気管支喘息、慢性気管支炎になる原因の1つが受動喫煙です。

■保険診療について

品川内科クリニック
ニコチン依存症は病気であるということが認識されるようになり、2006年4月から、一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。

その条件は、以下の4つです。
1. ニコチン依存症の判定テストが5点以上
2. 1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数]が200以上
(2016年4月より35歳未満には上記要件がなくなりました)
3. ただちに禁煙を始めたいと思っている
4. 禁煙治療を受けることを文書で同意している



禁煙外来は保険診療ですので、医師のサポートを受けながら禁煙を続けられて、しかも自己負担も軽いのであれば、禁煙外来に行くメリットは大きいといえます。

治療として禁煙のための補助薬を使うことで、ニコチン切れの離脱症状があらわれにくくなり、禁煙を続けやすくなります。禁煙補助薬には、ニコチンを含まない飲み薬、ニコチンパッチ、ニコチンガムの3種類があります。

医師が処方し、健康保険等が使えるのは、ニコチンを含まない飲み薬と、医療用のニコチンパッチです。ニコチンガムと、一部のニコチンパッチは、薬局で買うことのできる一般用医薬品になります。ニコチンを含まない飲み薬は、少量のドパミンを放出させます。

それによって、イライラなどのニコチン切れの離脱症状が軽くなります。タバコを吸っても「おいしい」と感じにくくなります。当院ではニコチンを含まない飲み薬、チャンピックス錠を処方しています。服用の仕方は、飲み始めの3日間は1日1回とし、4日目から1日2回服用します。最初の1週間は、タバコを吸ってもよく、8日目から禁煙を開始します。通常、12週間服用し、その間に5回の診察を受ける必要があります。

健康保険等を使った禁煙治療の流れ

禁煙治療は12週間が基本です。その間に、診察を5回受けることになります。治療中、最も大切なことは、医師に相談なく中断しないこと。

「1度、診察を受けたから、あとは自分の力で禁煙できる」と、受診をやめる人がいますが、そうした人の禁煙成功率は低いことがわかっています。5回の診察をすべて受けた人と、診察を中断した人の禁煙成功率を比べた調査があります。すべての診察を受けた人では、約50%が禁煙を続けており、2人に1人が禁煙に成功しています。
禁煙外来
一方、初回の診察で中断してしまった人で、禁煙が続いているのは、わずか6.5%でした。中断したことによって、診察で医師のアドバイスや薬の処方が受けられなくなるためです。一人で禁煙するのは難しいということですね。

ぜひ、医師と一緒に、12週間の禁煙治療を最後まで受けましょう。
品川内科クリニック|お気軽にご相談ください
苦しくない胃カメラ検査を行っております。TEL: 0942-85-8334
img_logo